様々な方法で行われているほくろ除去の内容を把握しよう

体験談は貴重な情報

ドクター

ほくろは主に紫外線が影響してできてしまいます。紫外線が皮膚にダメージを与えることによって皮膚の下にある細胞がメラニン色素といったものを作り出してしまいます。このメラニン色素がほくろの元のなっており、その他にもシミといったものも生み出すことがあります。ほくろ自体は誰にでもあり、ほとんどが気にならないものですが紫外線を多く浴びることによってできてしまうほくろは皮膚がんに繋がってしまうことがありますので予防や対策をとっておく必要があります。主に日焼けをしないようにしておくことで紫外線は防ぐことができますので、日中の日が高い時間を避けて外出するようにしましょう。仮にほくろができてしまっても最近の美容外科や皮膚科では、かんたんにほくろ除去ができるようになっています。ほくろ除去はメスを使って切り取ったりレーザーで薄くして消す方法などがあり、日本以外の国ではクリームなどを用いてほくろ除去を行なっていることもあります。ほくろ除去は時間もかからず、小さなほくろであれば費用も安く抑えることができ手軽に受けることのできる施術になっていますが場合によっては数回に分けて施術を行なう必要があることがあります。
自分にとっては気にならないほくろだったものも、このほくろ自体が悪性の場合だと別の病気に発展してしまうことがあるのです。悪性のほくろだとほくろ自体にがんができてしまう可能性があるため、違和感や痛みなどがある場合は自己判断をせずにきちんとした病院や美容外科に行きましょう。こうした判断は病院の専門知識を持っている医者でしか判断できないので悪性の場合なら切除してもらうといいです。ほくろには悪性と良性があり、悪性なら先程のように切除する必要がありますが良性のほくろだとそのまま放っておいても問題はありません。しかし、問題がないからといって不用意に刺激を与えてしまうと細胞が変化していくことがありますので気になる場合であれば医者に相談するといいでしょう。また良性や悪性について気になることがあれば、インターネットにほくろ除去を行なったことのある方が体験談として記述していることがありますのでこうした情報を調べてみるのも数ある手段のひとつといえます。初めてほくろ除去を行なう方もこういった体験談というのは参考になりますので空いている時間にチェックしておきましょう。