様々な方法で行われているほくろ除去の内容を把握しよう

焦らずゆっくりと

看護師

ほくろ除去で多く施されている施術がレーザー治療と呼ばれているものです。このレーザー治療はメスなどで切開してほくろ除去をするのではなく、患部を傷つけることなくレーザーの光によってほくろの原因であるメラニン色素という色素を薄くさせていく治療になります。このレーザー治療はほくろの範囲や大きさなどによって数回に分けて行なうことがあります。大きなほくろや範囲が広いほくろの場合だとどうしてもメラニン色素を薄めるのに時間がかかってしまうのです。しかし、一回の治療で消えないからといって薄くなったほくろを自分で除去してはいけません。せっかく薄くなって効果が現れてきたものも、刺激を与えてしまうことによってまた元の状態に戻ってしまうことがあるからです。元の状態に戻るだけであればまた治療をしていけば問題はないのですが、刺激を与えたことにより細胞が活性化してほくろが大きくなることもあります。ほくろ除去は焦らずにゆっくりと治療していくことが重要になってくるのです。
レーザー治療は治療の回数を分けることがありますがその分メリットもあります。このレーザーの光は皮膚の奥にあるメラニン色素に有効的なのですが、この光が当たっている他の細胞にも刺激が与えられて肌に張りがでてくることがあります。ほくろ除去と同時に美容効果を持つことになるので、仮に回数が分けられてしまってもその分こうした美容効果を得られることができると考えてしまえばいいのです。ゆっくりと時間をかけた分だけ治療も綺麗に仕上がりますし、きちんと除去した肌には以前よりも美肌になっていることがあるので焦りは禁物ということになります。多くの美容外科でこのレーザー治療は行われているため、どの病院を選んでも問題はないはずですがレーザー治療もいろんな種類があるので自分の希望にあった治療法と病院を選ぶといいでしょう。病院や治療法を選ぶ際はインターネットで各病院のホームページを参考にするといいです。ホームページには料金も記載されていることがあるのでそこを比較するのもおすすめです。