様々な方法で行われているほくろ除去の内容を把握しよう

女性

病院に任せる

最近のほくろ除去は手軽に行えることから多くの方が施術を行なっています。この施術もいろんな方法で行なっていますが自分で行なうのと病院に任せることのリスクやメリットについて知っておくといいでしょう。

鏡を見るウーマン

選ばれている除去法

ほくろ除去はレーザーで色素を薄めたり、電気メスを用いて切除をしたりといったように様々な方法で行なわれています。どの方法がより多くの方に選ばれているのかを知っておくと自分に役立てることも可能です。

目的に沿った除去

医者

ほくろ除去は大きく分けて3つに分けられていることがあります。特殊な医療機器を使ってレーザーをほくろに当てるレーザー治療と、メスや電気メスといったものでほくろ自体を切除する切除法、ほくろ除去と同時に美肌効果も期待できるピーリングといった方法になっています。この3つのほくろ除去はそれぞれ目的に合わせて行なわれるのですが、自分がどういった治療をしたいのかをあらかじめ決めておくと選びやすくなるでしょう。レーザー治療では、体にメスを入れる必要がないのが特徴です。メスを入れなければ傷跡も残りにくく目立たたないのがメリットになり、痛みも麻酔などを用いて行なうためほとんど感じることがありません。さらにレーザー治療は光の範囲を広げたり出力を調節することができるため広範囲に渡る治療を施すことが可能になっています。治療自体も時間がかからずすぐに終わるので体の負担にもならないのも特徴のひとつといえるでしょう。
メスや電気メスなどを使った切除法では、形がある大きなほくろに効果的とされた治療法になっています。本来、ほくろは平面になっていることが多いのですが刺激が与えられたり自分で触ってしまった結果大きくなってしまうことがあるのです。こうした立体的なほくろはレーザーの光を当てるよりも一気に切除したほうが効果的ということで評判を集めています。
メスで切り取る切除法の痛みが心配な方もいるかと思いますが、痛みは麻酔でカバーできるため安心して治療を行なうことが可能です。切除法の一番のメリットとして、ほくろを細胞ごと切り取るため同じ場所にまたほくろがでてくる心配がないということです。再発の心配がなければもう二度と気にする必要がないのでメスでほくろを切り取る切除法の強みになっています。ピーリングの治療はレーザー治療と少し似ていますが、当てるレーザーの種類が違うのが特徴です。気になるほどではないけどなくなって欲しいといったほくろに対して効果があり、またそのほかのシワやシミといったものにも有効的なので多くのメリットがあります。シミとほくろはメラニン色素が原因とされておりこのレーザーでメラニン色素を薄めて同時に治療することと、レーザーから発せられた光が細胞組織を刺激し皮膚自体の活性化を促進させることができるので肌に張りが戻りシワがなくなるのです。ほくろ以外の治療も行いたいといった方にはおすすめできる施術となるでしょう。いろんな施術があるのでどの方法が自分の要望や希望に合っているかを考え、治療をしていくと効率良くほくろ除去が行えます。

看護師

焦らずゆっくりと

ほくろ除去は焦らずにしっかりと治療していきましょう。なかなか改善しないからといって自分で除去しようとすると逆に症状を悪化させてしまう恐れもあるため、悩んでいる場合はすぐに病院に通うといいです。

ドクター

体験談は貴重な情報

ほくろ除去の体験談は初めて治療を受ける方からするとかなり貴重な情報源になります。体験談では実際行なった治療法から治療を受けた後、どのような変化があったのかといった大切なことが多く記載されています。